三上相続士 · 2022/12/07
夫が亡くなった後、一人になったお母ちゃんが全国的に困っています。 国は見かねてやっと法律【⺠法】を半世紀ぶりに変更したんです。 この改正は、頑張っているお母ちゃんは是非知っておいてください!
三上相続士 · 2022/11/27
「先生、助けて下さい」という1本の電話から始まった 自宅に伺うと片付けられていない書類の山が 「半年前に夫が亡くなって、お金がないんです」 詳しく話を聞くと 夫が亡くなって県外の子供は葬儀の後すぐに帰ってしまい 一人取り残されたお母さん 一人で相続の手続きもできず、半年間自分の預金を切り崩して生活していたが それも底をつきそうになっていた...
三上相続士 · 2022/11/20
50代になると段々親の介護の心配が出てきます。 特に母親の介護になると、お金の管理でまず悩んでしまいます。 施設への支払いや買い物等、親が動けないので認知症になっていなくても意外に面倒な物です。 実家に近い子どもが大変な思いをすることになってるのが現状かもしれません。
三上相続士 · 2022/11/13
最近は【同居】という言葉を聞くことが、本当に少なくなりました。 別居があたりまえ、⻑男も持家を持っているのが当たり前の時代になって親が口々に言いだした言葉が、『不動産を遺したら子どもに迷惑がかかる』 と言い出しました。 自宅はもとより誰も耕作しない農地や山など、親は自分の代で処分したいと考えています。
三上相続士 · 2022/11/05
核家族が当たり前になってきた現状、ほとんどの親は 「介護が必要になったら子どもに頼らずに施設に入るから大丈夫」と言います。 でも、そこにも落とし穴がある事を知らない方が多いんです。
三上相続士 · 2022/10/31
私たちはドラマの中で遺言書の存在を知りました。 それは、資産家の謎の死の後、弁護士によって遺族の前で読み上げるのが最初に遺言書を見た経験です。 なので遺言書って【資産家の財産争い】や、【仲の悪い欲深い兄弟たち】というイメージが出来てしまったんだと思います。 でも、今遺言書を作成する人の理由は全く違ったものなんです。
三上相続士 · 2022/10/09
5年前の相続税の大増税から、よりいっそう節税対策に関心が高まっています。 でも、ほとんどの方が預金を子どもや孫に贈与する事しかしていないのが現状です。 相続税がかかりそうなお父ちゃんの預金を生前に贈与する事によって 亡くなる時には預金が少なくなって相続税が節税できる、、、、と勘違いしています。
三上相続士 · 2022/10/02
これから年金を受け取る方は65才にならないと受け取る事ができません。 でも、60才で退職して仕事をやめた場合、年金をもらえる65才まで 収入が無い状態になってしまい困ってしまうよね。 そこで早めに年金を貰える仕組みが【年金の繰り上げ制度】なんです。 でも早めにもらう事で、65才からもらえる予定の金額より少なくなってしまいます。 今までは1ヵ月当り...
三上相続士 · 2022/09/25
そんなの決まってるよ!夫の名義でしょ〜って言う声が聞こえてきます。 どうしてそう思いますか? 市役所からくる固定資産税納税通知書が夫名義で届くから? 火災保険の契約を夫名義でしているから? 権利書を夫が持っているから? 実は、それと土地家屋の名義はまったく関係ないんです!
三上相続士 · 2022/09/18
時々、こんな話を聞くことがあります。 「夫とそんなに歳が離れていないから、私が相続してもしかたがない」 これは母親の言葉です。そして直接⻑男名義にしてしまいます。 大間違いですよ!!

さらに表示する