三上相続士 · 2022/07/03
個人から個人に生前に無償であげる行為の事を【贈与】といい、家族、親子に関わらず 誰でも行う事が出来ます。 1年を単位として、もらったものの金額が110万円を超えると贈与税がかかり、翌年の 2/1〜3/15 の間に自己申告と納税が必要になります。 ちなみに、贈与する物はお金でも株でも不動産でも宝石でもなんでも贈与になります。
三上相続士 · 2022/06/26
最近の終活の中でも1位2位を争うくらい実施している項目で、今の親世代は「県外の子供に迷惑をかけない為に」早々に墓じまいを行っています。 具体的には今までのお墓をお坊さんによって脱魂(だっこん)してもらい、お骨を拾った後墓石を専用の撤去方法で墓 石会社の方に撤去してもらいます。 費用的には相場は40万円前後となります。
三上相続士 · 2022/06/20
こくみん共済や県⺠共済と⾔ったもので、私たちは⼀般の⽣命保険会社と同じに考えて いる方が多いようです。だけど実際にはルール(法律)も違う別のものなんです。いい所と 悪い所を知る事で、上手に利用したいですね!
三上相続士 · 2022/06/13
親が亡くなった時に、その財産を貰いたくない時に行う行為で 親の住んでいる所の家庭裁判所に親が亡くなった後3ヵ月以内に 手続きする事で放棄できます。自分でできない場合は司法書士が 代わりに手続きしてくれます。
三上相続士 · 2022/02/26
日本の土地は【一物四価】と言われ、一つの土地に四つの値段があると言われています ① 公示価格 ② 固定資産税評価額 ③ 相続税評価額 ④ 売買価格 この値段の時期と意味を知っておくことをお勧めします
三上相続士 · 2022/02/14
核家族が当たり前になり、親の事、実家の事について無関心になっていませんか。 親の代で分譲住宅を購入している場合は、あまり問題はありませんが、親もその親(祖父)か ら相続したような場合、土地の境界があいまいな場合が非常に多く、親の相続後に売却しよ うとしても、境界の問題がある為に売却が出来ない問題が多発しています。
三上相続士 · 2022/02/06
先日、20代の女性から相談がありました 。 「知らない司法書士から、いきなり相続放棄の話があって怖て、、、」 その方は親が既に亡くなっていて、半年位前に叔父が亡くなったそうです。 調べてみると叔父は独身で、その相続人は叔父の兄弟になりす。 相談者の親が相続人ですが、既に亡くなっているので、その子が 親の代わりの相続人になってしまいました。...
三上相続士 · 2022/02/01
住宅ローンやリフォームローン、自動車ローンなどのローンの金利は、今や過去に見たこと が無いくらい低金利で借りやすくなっています。それはなぜでしょうか?? 実は政府が金融政策の下で金利を下げています。この金利が間もなく上がりそうなんです。
三上相続士 · 2022/01/24
私達の子供時代は親から「お兄ちゃんだから〇〇しなさい」とか、「女の子だから〇〇しなさい」など言われて育った時代です。古い考えとわかっていますが、それでも嫁にいったら 実家の親の財産を欲しがることは、あまりいいことでは無いように感じてしまうのは、子供 のころに親から言われてきたことが大きく影響しているように感じます。...
三上相続士 · 2022/01/17
土地建物の事を【不動産】と言って、その不動産の所有者は【法務局】に行って登記事項証 明書を取ると判ります。土地と建物が誰のものかを表すのは法務局のこの書類しかないと 言う事です。 その所有者が亡くなった場合、法務局の登記事項証明書に書かれている所有者名は勝手に...

さらに表示する